カメラの歴史


最新のスパイダーズXはとても小さく、画素数も容量も多い上に、赤外線や暗視補正機能、モーションサーチ機能といったものまで組み込まれています。

しかし、カメラの歴史を紐解くと、始まりは穴の開いたただの四角い部屋でした。

【カメラの歴史】
カメラの始まりは紀元前に発明された「カメラ・オブスキュラ」という壁に穴が開いただけの暗い部屋でした。
カメラは部屋、オブスキュラは暗いという意味です。
四角い部屋の壁に一つ小さな穴を開けます。この穴から光が入ると、外の景色が反対側の壁に映るのです。
これが、カメラの始まりです。


やがて時代が進み、レンズを使用する事で部屋はもっと小さな箱にする事が出来ました。
穴にレンズをはめ込むことで、焦点までの距離を大幅に短くして、持ち運びが出来るまでの箱にする事ができたのです。
また、当時の画家は、箱の中に映し出された景色を紙に写し取る事で、本物そっくりの絵が描けるため、写生用として使用していました。


それから更に改良が進み、箱の中に映し出された景色を人間が模写するのではなく、化学的に写し取る方法の研究が重ねられました。

そしてついに、1826年にフランスのニエプスによって、1枚の写真を撮ることに成功しました。
当時は写真を撮るのに8時間も時間を費やしていたそうです。

1839年、フランスのダゲールにより、銀板写真について発表され、世界で始めて発売されたカメラこそ「ジルー・ダゲレオタイプ・カメラ」です。

人間は紀元前から現代までの長い年月をかけて、カメラという製品を作り上げてきました。
スパイダーズXの出現も、カメラに携わってきた人たちの努力の賜物であることは言うまでもありません。


カートに入れる

ご来店ありがとうございます!

当店では、全てのスパイダーズXを卸直送により販売しております。
どうぞ、ごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい!
また、ご不明な点が点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

商品検索

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
>> 詳しくは「配送について」